4年追放が濃厚のロシア、選手や関係者が受ける影響は?

AFPBB News / 2019年12月9日 12時21分

【AFP=時事】世界反ドーピング機関(WADA)は、組織的な検査データ改ざんが認定されたロシアに対して、9日の常任理事会で新たに4年間の追放処分を科すとみられる。 処分が決定すれば、ロシアの選手が世界の舞台で戦うことに加え、あまり人気のないスポーツにとってはありがたい場所だったロシアが、サッカーとフォーミュラワン(F1、F1世界選手権)を除いたスポーツの国際大会を主催するのは難しくなる可能性が高い。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング