フランスで約34万人が新たなデモ、首相は年金改革めぐる論争の長期化に警鐘

AFPBB News / 2019年12月11日 10時30分

【AFP=時事】フランスで10日、交通機関のストライキが6日目に突入し、移動が困難となる中、政府の年金制度改革に抗議する数十万人規模のデモが行われた。エドゥアール・フィリップ(EdouardPhilippe)首相は、年金改革をめぐる論争が長期化する恐れがあると警鐘を鳴らした。 ストでは首都パリの公共交通機関がまひしたほか、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング