元所属選手に「ナチス野郎」の大合唱、スペイン2部の試合が中止に

AFPBB News / 2019年12月16日 10時49分

【AFP=時事】15日に行われたサッカースペイン2部リーグのラージョ・バジェカーノ(RayoVallecano)対アルバセテ・バロンピエ(AlbaceteBalompie)の試合が、ラージョのファンがアルバセテの選手を「ナチス(Nazi)」と呼ぶチャントを歌ったことにより、前半だけで中止となった。 ラージョのホームで行われた試合は、かつてチームに期限付きで加入していた現アルバセテのロマン・ゾズリャ(RomanZozulya)をホームサポーターが「プータ・ナチ(ナチス野郎)」と呼んだことで、前半途中に一時中断。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング