ISの奴隷から活動家へ、少数派ヤジディー教徒の少女 イラク

AFPBB News / 2020年1月29日 13時0分

【AFP=時事】弱冠18歳のイラク少数派ヤジディー(Yazidi)教徒のイマン・アッバス(ImanAbbas)さんは、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に何度も「奴隷」として売られながらも逃げ出し、今は生き延びた仲間たちの声を世界に届けようとしている。 アッバスさんは、家族と暮らすイラク北部のクルド人自治区シャリア(Sharia)避難民キャンプの質素な2部屋のテントで、「これまで経験してきたことを考えると、私はもう自分がティーンエージャーだとは思えない」と静かな声で語った。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング