写真

ラグビーニュージーランド代表の選手(2018年10月6日撮影)。(c)GIANLUIGI GUERCIA / AFP

【AFP=時事】ニュージーランドラグビー協会(NZR)は14日、昨年行われたW杯日本大会(RugbyWorldCup2019)での失意の結果を受け、米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)がメインスポンサーから撤退することになったと明かした。 NZRのマーク・ロビンソン(MarkRobinson)最高経営責任者(CEO)は、2012年から結ばれている数百万ドルの契約を来年限りで終了すると、AIG側から事前通告を受けたとし、「これほど長期に及ぶ商業的なパートナーシップは珍しい。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング