写真

テニスのエキシビション大会、クーヨン・クラシック初日。試合が中止になり、大会スタッフの説明を受けるラウラ・シグムント(右)とマリア・シャラポワ(左、2020年1月14日撮影)。(c)William WEST/ AFP

【AFP=時事】14日に行われたテニスのエキシビション大会、クーヨン・クラシック(KooyongClassic2020)で、女子のマリア・シャラポワ(MariaSharapova、ロシア)が出場していた試合が、森林火災を原因とする煙霧によって途中で中止になった。シャラポワは「正しい判断」だったと話している。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング