森林破壊面積、前年比85%拡大 ブラジルのアマゾン熱帯雨林

AFPBB News / 2020年1月15日 10時12分

【AFP=時事】ブラジルの国立宇宙研究所(INPE)は14日、2019年の同国北部のアマゾン熱帯雨林の破壊面積が、合計9166平方キロメートルに及んだとする公式調査の結果を発表した。前年の4946平方キロより85%拡大しており、少なくとも過去5年間で最悪となった。 INPEのデータは人工衛星を用いたリアルタイム監視システム「DETER」によって収集されたもの。 森林破壊の急激な悪化は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング