中国の肺炎ウイルス、感染者は1700人以上か 英大推計 米国は空港での検疫強化

AFPBB News / 2020年1月18日 14時14分

【AFP=時事】中国で2人が死亡した重症急性呼吸器症候群(SARS)に似た正体不明のウイルスの感染者は、公式発表より千数百人多い1700人以上に上っている可能性があるという見方を、英国の研究者らが17日、明らかにした。 中国当局は、同国中部・武漢(Wuhan)市にある鮮魚市場付近を中心に流行した肺炎の原因とされるウイルスに、中国国内で少なくとも41人が感染したと発表している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング