行方不明の男性、約50年ぶりに家族と再会 FB動画の拡散きっかけ

AFPBB News / 2020年1月26日 8時55分

【AFP=時事】バングラデシュで50年近く行方不明だった男性が、フェイスブック(Facebook)に投稿した治療への支援を求める動画の拡散をきっかけに、家族との再会を果たした。 家族によると、1972年、当時30歳で実業家だったハビブル・ラーマン(HabiburRahman)さんは、4人の子どもと北東部シレット(Sylhet)で暮らしていた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング