ナダルが猛攻に耐え全豪OP8強入り、奮闘したキリオスを称賛

AFPBB News / 2020年1月28日 10時21分

【AFP=時事】全豪オープンテニス(AustralianOpenTennisTournament2020)は27日、男子シングルス4回戦が行われ、大会第1シードのラファエル・ナダル(RafaelNadal、スペイン)は第23シードのニック・キリオス(NickKyrgios、オーストラリア)を6-3、3-6、7-6(8-6)、7-6(7-4)で下し、通算20度目の四大大会(グランドスラム)制覇に向けて8強入りを果たした。 キリオスの猛攻を耐え抜き、ロッド・レーバー・アリーナ(RodLaverArena)での白熱した試合を制した世界ランキング1位のナダルは、第10シードのガエル・モンフィス(G…

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング