中国の新型肺炎、米が自国民帰国のチャーター機出発延期

AFPBB News / 2020年1月28日 16時35分

【AFP=時事】各国が新型コロナウイルスによる肺炎の流行の中心地である中国・武漢(Wuhan)から自国民を帰国させる動きを加速する中、米国務省は28日までに、当初28日に予定していたチャーター機の出発が29日に延期になったと発表した。 米国務省は理由を明らかにしていない。チャーター機には米領事館職員と米国民数人が搭乗する予定だった。 武漢に関する対応をめぐっては日本とフランスもチャーター機で邦人を帰国させる意向を示しており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング