写真

ブラジル・リオデジャネイロの酒店で、ボトル入り飲料水を買う男性(2020年1月15日撮影、資料写真)。(c)Mauro Pimentel / AFP

【AFP=時事】水道から出てくる汚水。それが止まったと思ったら、今度は浄化剤が大量に混入した水。リオデジャネイロでは、不衛生な水道水により住民らの生活に支障が出ている。環境問題をめぐるブラジルの失策を改めて浮き彫りにしているのが、リオの水道水だ。 問題が発覚したのは、約1か月前。水道から悪臭のする茶色い水が出てくるとの苦情が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング