「今朝目覚めて私は泣いた…」 新型コロナと闘う仏医療従事者らの苦悩

AFPBB News / 2020年4月2日 17時56分

【AFP=時事】午後8時、人々はバルコニーに現れ、鍋やドラム、トランペット、さらには口笛や拍手でできる限りの大きな音を立て始める──。 フランス中に響き渡るこの音は、封鎖開始からずっと家に閉じ込められている人々がお互いの士気を高めるために役立っているが、元々は新型ウイルスと闘う医療従事者らを励ます目的で始まった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング