イタリア、新型コロナの集中治療患者が減少 流行発生後初めて

AFPBB News / 2020年4月5日 8時40分

【AFP=時事】イタリア国家市民保護局(DPC)のアンジェロ・ボレッリ(AngeloBorrelli)局長は4日、新型コロナウイルスに感染して集中治療を受けている患者が3日の4068人から4日は3994人となって流行発生後初めて減少したと明らかにし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)との闘いにおける大きな節目になったと述べた。 ボレッリ局長は報道陣に対し、「初めて人数が減ったので非常に重要なデータポイントだと言える」「病院が一息つけるので非常に重要だ」と述べた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング