F1は新型コロナで「危うい状態」 マクラーレン代表が危機感

AFPBB News / 2020年4月6日 12時17分

【AFP=時事】フォーミュラワン(F1、F1世界選手権)に参戦するマクラーレン(McLaren)のザック・ブラウン(ZakBrown)代表が5日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)によってF1界は「非常に危うい状態にある」と話し、最大で4チームが消滅する可能性があると危機感を示した。 2020年のF1は、新型ウイルスの影響でいまだに開幕を迎えられず、全22レース中8レースが中止か延期になっている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング