ロシア初のステルス爆撃機、試作機製造開始 報道

AFPBB News / 2020年5月27日 5時25分

【AFP=時事】軍の近代化を進めるロシアは、同国初のステルス戦略爆撃機「PAKDA」の試作機製造を開始した。国営のタス通信(TASS)が26日伝えた。 タス通信が報じた防衛産業の情報筋の話によると、国営の統一航空機製造会社(UAC)が製造計画の監督に当たり、同計画向けの資材が輸送され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング