コロナ絡みの医療従事者への攻撃、200件以上 赤十字

AFPBB News / 2020年5月28日 13時32分

【AFP=時事】赤十字国際委員会(ICRC)は27日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的な大流行)が始まって以来、新型ウイルス絡みの医療関係者への攻撃が十数か国で200件以上に上っていると明らかにした。 ICRCは、世界の医療従事者3000万人超を代表する12の医療・人道支援団体との共同声明で、医療従事者および医療施設に対する攻撃の増加を強く非難。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング