WHOが財団設立、テドロス氏肝煎りの改革計画の一環

AFPBB News / 2020年5月28日 15時53分

【AFP=時事】世界保健機関(WHO)は27日、民間から寄付金を集めるため、「WHO財団(WHOFoundation)」を設立したと発表した。テドロス・アダノム・ゲブレイェスス(TedrosAdhanomGhebreyesus)事務局長はWHO財団について、2017年7月に現職に就任して以来の長期的改革計画の一環だと説明した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング