外出制限でDV急増、行き場なくすロシアの女性たち

AFPBB News / 2020年6月5日 13時0分

【AFP=時事】新型コロナウイルスの感染拡大によるロックダウン(都市封鎖)が始まってから約1か月が経過した4月下旬、ロシアの首都モスクワで暮らすイニタ・アフチャモバ(InetaAkhtyamova)さん(50)は、夫からの暴力に耐えかねて家を出た。 市内の小さなアパートで夫と暮らしていたアフチャモバさんは、新型ウイルスによる外出禁止令の影響を受け、歌手として活動することができなくなり収入も無くなっていた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング