イスラエル警察、パレスチナ人障害者を射殺 拳銃所持と誤認

AFPBB News / 2020年6月1日 1時39分

【AFP=時事】中東エルサレム(Jerusalem)の旧市街(OldCity)で30日、イスラエルの警官が、体に障害のあるパレスチナ人男性が拳銃を所持していると誤認して発砲し、男性が死亡した。パレスチナ住民から激しい非難の声が上がっている。 現場は旧市街の入り口にある獅子門(LionsGate)に近く、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング