写真

ローマのビルジニア・ラッジ市長(右)と握手を交わす元F1ドライバーのアレックス・ザナルディ(2017年4月2日撮影、資料写真)。(c)Andreas SOLARO / AFP

【AFP=時事】ハンドサイクルのレース中にトラックと衝突し、頭部に重傷を負った元フォーミュラワン(F1、F1世界選手権)ドライバーのアレックス・ザナルディ(AlexZanardi)が、神経の修復手術を再度受けたが、状態は依然として深刻だという。医師団が30日に明かした。 約20年前のレース事故で両脚を切断した後、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング