ボツワナでゾウが謎の大量死、密猟の可能性はなし

AFPBB News / 2020年7月2日 19時54分

【AFP=時事】アフリカ南部ボツワナの有名なオカバンゴ湿地帯(OkavangoDelta)で、ゾウ数百頭が謎の死を遂げていることが分かった。野生生物保護当局のトップが2日、明らかにした。死骸に牙が残っていることから、密猟の可能性はないという。 野生生物保護・国立公園当局のトップはAFPに対し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング