森林火災に洪水、針葉樹食べ尽くすガの幼虫…シベリアむしばむ気候変動

AFPBB News / 2020年7月10日 8時0分

【AFP=時事】広大で寒冷なツンドラ(永久凍土)地帯で最もよく知られるロシアの広漠としたシベリア(Siberia)地方は現在、気候変動によって変容を遂げつつあり、気温の上昇、森林火災の増加、ガの幼虫の異常発生などに見舞われている。 ロシア・ウラル(Urals)地方東部から太平洋まで数百万平方キロにわたって広がるシベリア地方は今年、異常気象によってとりわけ大きな打撃を受けている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング