トランプ氏とNASCAR黒人ドライバーが舌戦、輪縄騒動めぐり

AFPBB News / 2020年7月7日 10時54分

【AFP=時事】米ストックカーレースのNASCARで唯一の黒人ドライバーであるバッバ・ウォレス(BubbaWallace)は6日、自身のガレージで輪縄が見つかった騒動をめぐりドナルド・トランプ(DonaldTrump)米大統領が謝罪を求めたことについて、「憎悪」をかき立てていると批判した。 ウォレスは先月、米アラバマ州のタラデガ・スーパースピードウェイ(TalladegaSuperspeedway)で行われたレースの前に、米南部ではリンチを象徴するものとされている輪縄のようなものが自身のガレージのドアにつるされているのが発見された。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング