香港国家安全法は「全体主義的」、ポンペオ米国務長官が批判

AFPBB News / 2020年7月7日 13時5分

【AFP=時事】米国のマイク・ポンペオ(MikePompeo)国務長官は6日、香港で施行された「香港国家安全維持法」によって、中国政府が活動家の言論や学校・図書館などに対し「オーウェル的(全体主義的)」な検閲を実施していると述べ、強く批判した。 香港当局は各地の学校に対し、香港の独立や自治を求める言論を違法とした新法に基づいた蔵書の見直しや撤去を命じている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング