中国、コロナ禍に乗じて世界に強引進出 最後の香港総督

AFPBB News / 2020年7月9日 10時49分

【AFP=時事】英国統治下の香港で最後の総督を務めたクリス・パッテン(ChrisPatten)氏は9日、中国は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)に「乗じて」、世界に強引に進出し、香港で国家安全維持法を施行してきたと語った。 1992~1997年に香港総督を務めたパッテン氏は志を同じくする欧米諸国に対し、中国政府の戦術に立ち向かうよう呼び掛けた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング