写真

パキスタンのイムラン・カーン首相(2020年11月19日撮影)。(c)Ishara S. KODIKARA / AFP

【AFP=時事】元クリケット選手でプレーボーイとして名をはせたパキスタンのイムラン・カーン(ImranKhan)首相が、レイプ事件の増加は女性の服装に原因があると発言し、「困惑するほどの無知」だと人権団体などから非難を浴びている。 英オックスフォード大学(OxfordUniversity)で学んだカーン氏は先週末、生放送のテレビインタビューで、レイプ事件の増加は「下品なふるまいが増えつつある社会における当然の帰結」を示していると発言した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング