写真

103万円だけではない!130万円にも扶養の壁

社会保険の扶養範囲は年収130万円サラリーマンや公務員の妻(ある基準の収入以下の)は、年金保険料を納める必要がありません。いわゆる「国民年金の第3号被保険者」ですね。ある基準の収入を超えると、第3号被保険者として認められずに、自分自身で年金の保険料を払う必要がでてきます。健康保険も同じで、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング