遅めの夕食・夜食が常態化! 危険すぎる夜食症候群

オールアバウト / 2018年5月23日 17時45分

夜食症候群とは……遅めの夕食・夜食で肥満等のリスク増名前の通り、夜遅くに多くの量の食事をとってしまう「夜食症候群」。1日の摂取カロリーのうち、25%以上を夕食および夜食でとることを言います。さらに、夜食症候群の状態が悪化すると、睡眠中に起きて、何かを食べたくなることもあり、実際に食べてしまうことも。習慣化してしまうと、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング