写真

お湯の温度は42度を境に、体への作用が真逆になります。副交感神経を整え、リラックスするには40度以下が望ましいでしょう

お風呂の医学的な作用とは湯船にゆっくりつかると疲れが取れ、ほかほかしてとてもいい気分になります。普段何気なく入っているお風呂ですが、うまく使うとさまざまな症状に対するセルフケアとして用いることができます。それでは、まずは体にはどのような効果があるかを見ていきましょう。お風呂の体への効果として挙げられるのが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング