写真

60歳代前半の厚生年金と失業保険は、平成10年4月から両方受け取ることができなくなりました。しかし、レアケースですが両方受け取れる「裏ワザ」が存在します

失業保険をもらうと年金がストップする会社を辞めて就職活動中に雇用保険から支給される失業保険(正式名称は「基本手当」といいます)。60歳になり定年退職した場合や、60歳以降退職した場合についても、一定の要件を満たせば受け取ることが可能です。一方で60歳以降、これも一定の要件を満たすことで「特別サービス」の老齢厚生年金(60歳代前半に支給される老齢厚生年金)も受け取ることができます。この失業保険と年金を両方受け取れたら最高なんですが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング