写真

中国人投資家が日本の不動産を片っ端から買い漁り、乗っ取り寸前という仰天情報をキャッチした。北海道から沖縄まで「ブランド物件」を食い荒らす「赤い札束攻勢」の手口とは──。「中国では不動産を購入しても社会主義のため、所有権がありません。その点、日本は外国人でも不動産の購入が法的に問題ないので、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング