写真

夏の甲子園が第100回を迎える今夏から、延長戦での「タイブレーク方式」(延長13回から無死一、二塁で12回までの打順を引き継ぐ形で開始する)が導入されることになった。この制度によって延長戦での名勝負が生まれる可能性が極めて低くなったと言える。まして、このような死闘は…。──その激闘が生まれたのは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング