写真

7月27日から公開されている山下智久主演の映画「劇場版コード・ブルードクターヘリ緊急救命」が、興収10億9600万円を記録し、週末興行成績ランキングで1位を獲得した。しかしその裏で、ある日本映画が大爆死しているという。「人気漫画を実写化した福士蒼汰主演の『BLEACH』は、全国328館という『コード・ブルー』と同規模の公開だったにもかかわらず、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング