写真

カタール・ドーハで行われていた、世界体操が11月3日に閉幕。内村航平がケガで個人総合に出場しなかったこともあり、日本は11年ぶりに金メダルなしの世界体操となった。特に、宮川紗江によるパワハラ告発もあって注目を集めていた女子は、村上茉愛の個人総合銀メダルはあったものの、団体6位と東京五輪出場権を逃し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング