写真

来季、ヒョンジュは主催者推薦枠(8試合まで)を利用して、今季の香妻琴乃のようにQTランクの下位からシード権奪取を目指すが、その一方でみごとにファイナルQTを突破した中にも、目を離せない注目株が目白押しだ。スポーツ紙記者が解説する。「ヒョンジュとのグラマラス対決を待ち望まれているのが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング