写真

テクノユニット「電気グルーヴ」のピエール瀧容疑者の薬物逮捕による「芸能界の激震」が収まらない。ここで注目すべきは、ピエールが使用していた薬物の種類である。同種の薬物逮捕は、1990年の勝新太郎(所持)や、2010年の田代まさし(共同所持)、記憶に新しいところでは、15年に所持・使用で逮捕された高部あいがいるが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング