写真

3月13日放送の「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系)の最終話・第10話の平均視聴率は12.6%。10話すべてを通して10%を超えており、今期のドラマ陣の中では最も数字を稼いだドラマのひとつとなった。最終話は、舘ひろしが、北川景子扮する主人公・三軒屋万智が勤める「テーコー不動産」の社長役として出演することで話題になっていた。視聴者からは〈相変わらずダンディな舘さん〉〈舘ひろしさんのソファに座ったポジションがあのルーペかと思った〉といった意味合いの声がネット上では見られた。さらに、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング