写真

1990年に開催された第62回春の選抜高校野球は全31試合中15試合が1点差、延長戦が6試合、サヨナラゲームが5試合と、連日のように熱戦が展開された大会となった。中でも頂点と呼べる試合が、準決勝第2試合の北陽(現・関大北陽=大阪)対新田(愛媛)の一戦である。この試合に先立って行われた準決勝第1試合の近大付(大阪)対東海大甲府(山梨)戦は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング