写真

今季の巨人において、正捕手の座を誰がつかむかは、当初から話題になっていた。本来は生え抜きの小林誠司が持ち前の強肩を活かし勝ち取ればいい話なのだが、ここへ来て西武からトレードで移籍してきた炭谷銀仁朗の存在感が増したことで、小林の立場が相当危うくなっているという。「4年連続でセ・リーグの優勝を逃した巨人は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング