写真

闇営業問題で謹慎中だった「雨上がり決死隊」の宮迫博之が、事件の責任を取って引退を決断したという。反社会的勢力の忘年会に参加していたばかりか、「金塊強奪犯」との同席写真まで明らかになり、7月19日には所属事務所の吉本興業が契約を解消。もはや芸能界に居場所はなくなり、引退を余儀なくされる形となったと報じられたのだ。そんな宮迫に対しては、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング