写真

コロナ禍でプロ野球の開幕は不透明になっている。開幕日が決まっていないから調整方法も難しい中、ついには球界から感染者まで出てしまったから事態は深刻である。そんな中、千葉ロッテマリーンズでは「うれしい悲鳴」を上げそうな事態が起きていたという。「マイペース調整を続けていた黄金ルーキー・佐々木朗希の育成に十分な時間ができて『開幕に間に合ってしまうかも』と困惑しているんです。実際、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング