1. トップ
  2. トピックス
  3. スポーツ
写真

プロ野球の21年シーズンが佳境を迎える中、セ・リーグの新人王争いが混迷を極めている。選考資格を持つスポーツ紙記者が悩ましい現状を明かす。「今年は新人離れしたルーキ大豊作の年です。10月10日時点(以下同)で脅威の防御率0.39、新人歴代2位タイの31セーブ目を上げた広島・栗林良吏(25)、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング