写真

2018年4月期のドラマ「正義のセ」(日本テレビ系)が6月13日に最終回を迎え、平均視聴率は10.0%と2桁を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。このドラマの人気を支えた役者の1人が安田顕だが、実は意外な過去があった。安田の役どころは、主演の女優・吉高由里子演じる新米検事をサポートする事務官。新米検事とともに事件の解明に当たってきた安田だが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング