写真

5月24日公開の映画「空母いぶき」は、ある国から攻撃を受けた海上自衛隊が総理大臣の決断の下で対応していく様を描いたもの。この中で佐藤浩市が演じている総理像が、作品以外の部分で物議を醸しているようだ。実は今世紀に入り、外部からの攻撃に日本政府がどう向き合うかを描いた作品が増えた。当然、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング