写真

ジャニーズ事務所が民放テレビ局に対し元所属タレントを起用しないよう圧力をかけたとして、公正取引委員会による同事務所への注意があったと報じられているが、その背景には“熱心なファン”の働きかけが見え隠れしているようだ。2016年をもって解散したSMAPの元メンバーである香取慎吾や草なぎ剛、稲垣吾郎らをテレビ出演させないようジャニーズ側が各放送局へ何らかの圧力をかけていたのではないかとの疑いを元に、公正取引委員会は同事務所を調査の末に注意勧告したと複数メディアが報道。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング