写真

猛暑の中、熱戦が続く「夏の甲子園」。中でも緊迫の試合展開で盛り上がりを見せたのが8月17日に行われた「星稜×智弁和歌山」の3回戦。星稜高校、奥川恭伸投手が相手の強力打線から取るわ取るわの23奪三振。延長14回まで続いた死闘を制したのが星稜高校だった。その瞬間、日本中の女性の胸に熱いものがこみ上げたのだとか…。「奥川クンはプロ注目の投手。その実力を日本中に知らしめる投球となりましたね。延長戦に入っても150キロを超える速球をバンバン投げ込み、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング