写真

フルーツは、皮をカットしたり実の部分だけを取り出して食べたりと、さまざまな食べ方がありますが、中には切り方を変えることで摂取できる栄養が多くなったり、時短につながったり、多くの果汁が搾れたりすることがあるようです。■レモンは「X切り」で果汁が3倍に!?先進レモン効果研究の専門家である飯田忠行先さんは、爽やかな香りと酸味が料理にアクセントを加えてくれるレモンには、カルシウムをはじめとしたミネラルを腸から吸収しやすい形に変える「クエン酸」や、疲労回復や美肌づくり、風邪予防などに欠かせない「ビタミンC」が豊富に含まれているといいます。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング