写真

2019年5月に、アメリカのサンディエゴで開催された消化器学会(米国消化器病習慣病)で発表された「日本人の慢性便秘症とQOL(生活の質)の大規模調査結果」によると、慢性便秘症の人は年間「約122万円の損失」があるのだとか。慢性便秘症となると、欠勤までには至らずとも体調が万全でないため、遅刻や早退などで仕事を中断する割合が多く、非便秘患者と比較して「労働生産性が約1.7倍低い」そうです。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング