写真

復帰を目指し、猛省の日々を過ごしているとされる雨上がり決死隊の宮迫博之だが、果たしてテレビの世界にその居場所はあるのだろうか。「デイリー新潮」は10月18日に「“アメトーーク!”は宮迫なしで絶好調、ひな壇芸人たちの心理に微妙な変化」と銘打ち、宮迫のキャリアの代名詞とも言うべきトーク番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の9月26日放送回が今年最高の視聴率9.0%を達成したことを伝えると、同番組のひな壇芸人たちも宮迫不在の現状に戸惑うどころか、「伸び伸びと喋るようになりました」というバラエティ番組制作関係者の指摘も紹介している。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング